技能実習と特定技能の違い

query_builder 2022/03/17
ブログ
22852970_s

いつもご覧いただきありがとうございます。 東京都千代田区でビザ申請・ERFS申請等国際業務専門、行政書士ROYAL国際法務事務所の中野です。

春の陽気が感じられ、やっと春らしくなってきましたね。ついこの間まで寒い日が続いており、いつになれば暖かい日が来るのだろうと待ち望んでおりました。暖かくなるのと同時に花粉も酷くなっているので、春は待ち遠しかったですが、花粉症の私は何とも言えない気持ちになります( ゚Д゚)

さて、本日は題名の通り技能実習と特定技能の違いについて触れていきたいと思います。

技能実習と特定技能の違いは、


1、在留資格の許可の違い

技能実習は、日本語能力や職業の技能がそこまで求められません。

しかし、特定技能は特定産業分野に属する相当程度の知識又は経験を必要とする技能を要する業務に従事する外国人と定めれていることから、日本語能力や職業の技能がなければなりません。

2、在留期間

技能実習は基本的には3年間の在留資格が与えられ、管理団体と企業が優良認定を受ければ、最大5年間となっています。

特定技能では基本的に5年間、建設・造船舶用に関しては無期限で在留が認められる可能性があります。

3、対応職種

対応職種は、ほぼ一緒です。

違いがあるのは、外食産業があるのは特定技能。繊維・衣服産業は技能実習になります。

4、報酬

技能実習は勉強という名目があり、最低賃金が支払われていれば問題ありません。 しかし、特定技能は就労なので日本人と同等以上の報酬が必要となります。

5、転職

技能実習では、賃金不払いなどの実習継続が困難な場合は、実習生救済のため別の企業に移ることができます。

特定技能は、同職種の場合は転職が可能です。

以上の5つです。

基本的には、技能実習生として修了すると特定技能の在留資格を取得する際に試験などが免除されるので、技能実習の在留資格から特定技能の在留資格に変更する形が多いです。


以上、技能実習と特定技能の違いでした。

どちらのケースで在留資格を取得するかは、申請人や企業の状況によって異なります。違いなどを踏まえたうえで検討することが大切ですね。


行政書士ROYAL国際法務事務所ではERFS申請やビザ申請等、国際業務を中心にご依頼を承っております。

ご相談の際はお気軽にお問合せください。


~お知らせ~

当所のビザ申請費用がお求めやすい価格となりました!

費用は安く日本一優しい行政書士事務所として活動しております。 【example】

在留資格変更許可申請⇒49,500円

在留資格更新許可申請⇒25,000円

お気軽にお問合せくださいませ♪


記事検索

NEW

  • 企業様向けセミナーを実施いたしました!

    query_builder 2023/12/05
  • 【更新はお早めに!】登録支援機関の更新について解説

    query_builder 2023/12/01
  • 結婚ビザ(日本人の配偶者等)の専門サイトを新設いたしました!

    query_builder 2023/06/23
  • 特定技能ビザ申請のエキスパート、港区赤坂の行政書士事務所が貴社の成功の鍵を握る!

    query_builder 2023/04/14
  • 【韓国籍の方】結婚ビザを取得しよう!(日本人の配偶者等)

    query_builder 2022/10/16

CATEGORY

ARCHIVE