短期滞在

概要

        

1.短期滞在とは
外国人が日本に出張して業務報告・商談・契約調印・工場見学・視察・会議に出席など,報酬を受けることを目的としないビジネス活動を行う場合に必要なビザとなります。日本に滞在できるのは,90日・30日・15日以内の日を単位とする期間があります。
また,行政書士による取次ができないため,申請人による申請となります。

2.短期滞在の具体例

◆海外にいる親族・友人・恋人など。
◆見学・視察等の目的で日本に滞在する者(例えば工場見学・取引先等の視察を行う者)
◆企業などが行う研修、説明会等に参加する者
◆会議、その他の会合に参加する者
◆日本に出張して業務連絡・商談・契約調印・アフターサービス・宣伝・市場調査・その他の短期商用活動を行う者

3.短期滞在の免除措置国
日本は短期間の滞在で,ビジネスや観光を目的として入国する外国人の便宜のため, 出入国管理上の問題の生じていない国とビザ相互免除取り決めを締結し,その国のパスポート所持者に対してビザ免除措置を行っています。
日々変動する恐れもあるため,最新の情報の確認が必要となります。
短期滞在ビザ免除措置国・地域一覧

4.短期滞在の条件
◆外国人が犯罪などおこしていないこと
◆呼び寄せる会社の信用性 ・滞在目的,日程がはっきりしていること
◆滞在費,帰国旅費,法令の順守の3点が身元保証人により保証されていること

5.短期滞在の流れ




     
当所では,短期滞在ビザに係る必要書類の作成を承っております。行政書士による取次ができないため,書類の作成のみとなります。
短期滞在ビザは,商用目的になりますと観光目的に比べ審査が難しくなります。そのため,プロに委託せず自身で書類作成を行うと短期滞在ビザが降りない可能性が高くなります。招へい理由書・滞在予定表など細かく内容を精査し,整合性があるかなど細かく内容を確認する必要があります。
短期滞在ビザは,不許可になるとその次の申請まで6ケ月期間を空けなくてはなりません。
お急ぎの方や正確な申請をお求めの方は,当所にお任せ下さいませ。
当所では,東京都中野区に拠点を置き,ビザ申請(VISA申請・在留資格認定証明書交付申請・在留資格変更許可申請・在留期間更新許可申請)・ERFS(エルフス)申請・帰化申請を全国から承っております。
迅速かつ丁寧。そして良心的な価格で承らせていただいております。
ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。
短期滞在ビザなら,行政書士ROYAL国際法務事務所へ!!